KDDI「au未来研究所」「Comi Kuma (コミクマ)」

  • ©KDDI CORPORATION

KDDI「au未来研究所」の離れて暮らしていても抱きしめるだけで想いが伝わるぬいぐるみ型コミュニケーションツールのコンセプトモデル「Comi Kuma (コミクマ)」。
ぬいぐるみを触ったり動かしたりするだけで、2つのぬいぐるみ間でスタンプのやりとりを行うことができます。
ぬいぐるみには12個のセンサを内蔵。様々なぬいぐるみの動きを検知し、それらの動きにあったスタンプを送信。受信したスタンプは胸のリボン部分のディスプレイに表示されます。
センサー部分を担当するユカイ工学さんとご一緒させていただき、ぬいぐるみのデザインと制作を担当いたしました。